top of page
  • 執筆者の写真HIKO HYAKUSOKU

百束式アンチエージング

1.濃いシミ,首のボツボツーQルビーレーザー

2.薄いシミ,美白、コジワ.クスミーIPL

3.美白ービタミンCイオン導入

4.たるみー糸リフト(上下と横方向)、ミニミニリフト(耳前部切開によるS MAS処理と糸リフトの併用) ,ミニリフト(耳前および耳下部切開によるS MAS処理とくに顎下の引き上げ)

5.小顔形成ー糸リフト(上下方向)

6.目元のアンチエージング

  ①眼瞼しわ・たるみ取り、眼瞼下垂形成ー眉下切除

  ②下眼瞼ー睫毛下切除必要あれば眼窩脂肪除去

7.ひたいしわ取りーボトックス

8.ほうれい線ーヒアルロン酸、糸リフト

9.首のしわ.たるみー糸リフト.ミニリフト




<よくある質問>

1. 糸は何本使うのでしょうか?

   通常縦2本、横2本使いますので、両側で合計8本です。


2. 切った場合の傷跡は目立つのでしょうか?

耳の前の傷跡は形成外科の縫い方を行うので、3か月から半年(個人差あり)可

成りわからなくなります。ミニリフトでは耳の下部にも傷跡が残りますが、余程

のケロイド体質でなければ、いずれ目立たなくなります。


3. 切らない糸リフトのみの持続時間はどれ位でしょうか?

通常、吸収糸を使うので半年までには吸収されて、吊り上げ効果は減弱します。


4. 小顔形成は糸リフトだけでいいのでしょうか?

いいのですが、えらが張って気になるようでしたら、咬筋にボトックスを注射す

ると効果が増強します。


5. IPLはどの位の間隔で、何回くらい受けるのでしょうか?

シミ、クスミ、肌理、小じわ、美白、脱毛に効果がある、IPLはレーザーのような.

直行する強力な光線ではなく、散乱光にフィルターをかけて、有意の波長を取り

出したものですから、即効性はありません。従って、毎月照射されるのがよいと

思います。

効果が出る5回を1クールとしますが、更に続けて受けた方が、有効です。


6. 目の下の弛みとりは、必ず眼窩脂肪の除去が必要でしょうか?

眼窩脂肪除去の要否は、施術医の考えによります。眼輪筋や筋膜の処理によって.

は不要です。

有名なハムラ法では原則として行いません。しかし、脂肪の突出が過度の場合、

眼輪筋を破って、出てきた余分な眼窩脂肪を切除したり、皮膚は切らずに下眼瞼

結膜を切って、出てきた脂肪を切除する方法もあります。しかし、余った皮膚を切

除しないと、目の下のたるみは取れません。

また、眼窩脂肪の切除には稀ですが重大な合併症が生じることがあります。それ

は、眼窩内出血による失明の危険です。これを、球後出血と言い

視神経の圧迫により、失明することがあるのです。

形成外科の研修履歴のない美容外

科医はこの危険を知らない場合がありますので、施術医の経歴のチェックは必須. です。


7. ボトックスの適応と持続期間について知りたいのですが。

A型ボツリヌストキシン毒素の商品名がボトックスです。

その作用は、神経と筋肉の伝達経路を遮断して、筋肉を動かなくすることです。

美容医療の分野では、表情筋を動かなくして、表情皺をなくすことです。

従って、ひたいや目じりがよい適応です。

持続期間は半年前後ですので、繰り返し注射する必要があります。


8. ヒアルロン酸による隆鼻術は危険でしょうか?

ヒアルロン酸は吸収性異物であり皮下に注入することで、一時的にボリュームが増

し、陥凹部を盛り上げる効果があります。持続期間は半年前後です。

但し、異物反応でシコリになることがあるので薄く広く注入することが望まれま

す。ヒアルロニダーゼという分解酵素がありますので、シコリになったらこれを注

入するとボリュームが軽減します。

ヒアルロン酸は、鼻を高くする隆鼻術に用いてもいいのですが、いろいろとリス

クがあることも知ってください。

一つ目は、鼻尖部の様な皮膚と軟骨が近い部位では、沢山注入すると、皮膚壊死

や感染の危険があることです。

二つ目は、鼻根部の両脇には眼動脈に通じる血管があり、万が一これに注入する

と、失明の危険があります。形成外科の研修履歴がなく、顔面の解剖に通じてな

い医師は心配です。


9. 糸リフトで、顔面神経を切られた友人がいます。

そのようなリスクは多いのでしょうか?

顔面神経で切ったら戻らないのは眉を上げ下げする側頭枝と下唇を動かす下顎縁

枝です。

糸リフトでは深さを間違えなければこれらを切断することはありません。

しかるに、顔面の解剖を知らないような医師は心配です。

また、局所麻酔剤による、一時的な麻痺は起こり得ますが、翌日までには治るは

ずです。


10.麻酔について教えてください。

フルフェイスリフト以外は、局所麻酔で行います。

できるだけ細い針で痛みが少ないように注射します。

神経ブロックの知識のある医師なら、注射を最小限に行うと思われます。

特に鼻の麻酔は、上顎歯槽の伝達麻酔(歯科麻酔)で行いますから、注射による

痛みもかなり軽いです。


11.料金の概略を知りたいのですが。

安い手術料を謳っている広告をよく見かけますが、~(から)という記載があっ

たり、技術料だけだったりすることがあると聞きますので、多分釣り広告だと思

っていいと思います。

実際には、材料費、人件費、麻酔料、術後保証費、消費税などがかかりますの

で、あまり廉価の広告には注意してください。


因みに私のスクエアクリニックでは、税別で以下の目安です。


Qルビーレーザー:1ショット500円(10円玉大で約20ショット)

IPL :顔面全体 15000円

イオン導入:5000円

ボトックス注射:120000円

ヒアルロン酸注入:120000円

小顔リフト:通常片側2本、両側で4本 150000円

加齢リフト:片側4本、両側で8本 300000円

ミニミニリフト:600000円(糸リフト付き)

ミニリフト:650000円(糸リフトなし、SMAS引き上げ)

両上眼瞼眉下切除(眼瞼下垂矯正兼ねる):350000円

両下眼瞼弛み取り;350000円

両下眼瞼弛み取り(眼窩脂肪切除を行った場合):450000円


 

スクエアクリニック公式HP


美容医療で死なないために

美容外科・美容医療に纏わるネガティブな問題と近未来への提言

閲覧数:68回0件のコメント

댓글


bottom of page