top of page
  • 執筆者の写真HIKO HYAKUSOKU

美容医療で顔に何らかの#フィラー(#ヒアルロン酸や#PRPなど)を注入した場合のリスクについて詳述します。

(筆者著書:「美容医療で死なないために」からの抜粋一部改変)

 

1. 顔面フィラー注入とリスク 

吸収性のフィラーと非吸収性のフィラーがあります。吸収性の代表はヒアルロン酸やコラーゲンです。非吸収性のものには、ヒアルロン酸に何らかの非吸収物を加えたものや、#ポリアクリラマイド、古くはシリコンジェルやワセリン、パラフィンなどの炭化水素系異物があります。


写真:20年前にしわ取り目的でシリコンジェルの注入を顔面にされた女性。

 

非吸収性のフィラーは、しこりや炎症の原因となり、使用すべきではないと思います。また、吸収性のものでも薄く分散して注入しないと、シコリや炎症の後遺症をのこすリスクがあります。

さらに、フィラー注入の稀なリスクには、血管内または血管周囲注入による鼻翼、口唇や頬の部分壊死や、失明という重大なリスクがあります。これらは、手技の未熟が原因になりますので、形成外科の訓練を十分に受けた医師を選ぶことが、リスクを避ける為に重要です。

また、いかなるフィラーも注射で体内に入れるのですから、#発癌性がないか、#毒性がないかなど成分のチェックは必要です。商品であれば、ラベルの撮影をさせてもらっておくことも一法です。



写真:顔面部分壊死の実例。 韓国で法令線にフィラー注入を受けた際に、顔面動脈に栓塞が生じ、左上口唇、鼻翼、さらに頬部にまで組織壊死を来した。しかし、韓国で施行されたので、訴訟が困難で難儀していると言う。

 



写真:下眼瞼に若返り目的でフィラーお注入したが、シコリになって、結局皮膚を切って摘出せざるを得なかった症例。

 

注:ヒアルロン酸注入についてのうん蓄

吸収性フィラーの代表格である、ヒアルロン酸は法令線や陥没部の矯正材として、広く使われています。しかし、以下のようなリスクや問題点があるので、留意が必要です

①     注入の方法は、浅く、薄く、広く、である。一か所に大量に注入すると、異物肉芽腫によるカプセルができて、吸収され難い。しかも、シコリが遺る可能性がある。

②     ヒアルロニダーゼ(ヒアルロン酸分解酵素)注射による、注入されたヒアルロン酸の分解は有効ではあるが、濫用すると皮膚壊死や色素沈着のリスクがある。

③     乳房に豊胸目的で大量に注入すると、異物反応が生じ多数のシコリができることがある。

④     鼻を高くする隆鼻術や鼻筋を通す目的で、注入する場合、眼動脈に誤って注入して失明させるリスクがある。また、法令線に注入する際に、顔面動脈に入ってしまうと、くちびる、鼻、頬の一部に血行障害から壊死を生じる危険性がある。これらの障害は、血管の周囲の注入による炎症による圧迫でも生じ得る。

⑤     極くまれにヒアルロン酸に対するアレルギー反応がある。

 

注:ポリアクリラマイドの毒性、発癌性について

単体のモノアクリラマイドは発癌性がありますが、架橋されたポリアクリラマイドはありません。しかし、すべての製品を検査することはできず、混合体であれば危険です。乳房に大量に注入されたことがあるようなので、少し心配です。

 

 

2.PRPと成長因子注入のリスク

PRPとは、自己血小板濃縮血漿のことであり、コラーゲン生成を促すとされています。これに、成長因子を加えることで、この作用を強めるとされています。皮膚を若返らせ、小じわを取るとされますが、その効果の程は個人差もあり、確実なものではないようです。そして何よりもその合併症について述べなくてはなりません。

1.の顔面フィラーで述べたような注意点は共通ですが、それ以外に以下の2点について述べます。

 

①     凸凹になったり、シコリになることがある。

要するに、溶剤を皮下に均等に注入できるとは限りませんから、コラーゲンなどの新生が均等にならず凸凹になったり、シコリができたりするリスクがあります。

 

②     癌細胞の増殖を促すリスク

成長因子が癌細胞を増殖させることは、医学の常識ですので、これを注入することは、発生途上の皮下癌細胞が万が一あれば、増殖の心配があります。①に述べたシコリが癌でないことを祈るばかりです。



写真;#成長因子加PRP後凸凹を生じた実例。

 

注:皮膚・皮下にできる主な癌と肉腫。

基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫、毛包癌、汗腺癌、脂腺癌、隆起性皮膚線維肉腫、悪性線維性組織球腫、脂肪肉腫。

これらの悪性腫瘍の初期の細胞に成長因子が注入されると、増殖のリスクがあります。

もし、成長因子を注入(PRPとの混合も含めて)するならば、以上のことも術前に説明し同意を得る必要があります。


スクエアクリニック公式HP


警鐘!美容医療の落とし穴: 〜美容外科・美容医療に 纏わるトラブルや後遺症集


美容医療で死なないために: 美容外科・美容医療に纏わるネガティブな問題と近未来への提言


#発癌性 #毒性 #フィラー #ヒアルロン酸 #PRP #成長因子加PRP後凸凹を生じた実例


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

体形を美しく変えるための、脂肪注入と脂肪溶解剤の注射に関するリスクについて

1. 脂肪注入とリスク 施行部位には主に顔面と乳房があります。前者は下眼瞼や頬部が多く、後者では豊胸目的が主です。脂肪採取は、腹部や大腿部が殆どのようです。しかし、採取された脂肪は生体内で全て生着して新しく自分のものとはなりません。従って、顔面では量が少ないので、脂肪細胞が死んでも、注入された脂肪はワセリンやパラフィンのような炭化水素系異物になって皮下に残り、時にシコリになりますが、これが豊胸術で

Comentarios


bottom of page