top of page
  • 執筆者の写真HIKO HYAKUSOKU

表皮内癌では死なない!

皮膚にできる癌のうち、転移しない表皮内癌ついて分かりやすく説明してみます。


まず、皮膚の構造と癌細胞の所在が、5年生存率に与える影響を説明します。


図の上の方の波状の区切りが基底膜です。それより上は、血管やリンパ管がないので、転移のリスクがありません。これを、表皮内癌 (上図のClark Levelの1)と言います。表皮内癌はきちんと切除すれば、命の心配はなく完治です。しかし術者が誤診したり、誤って癌細胞の中で切ると、癌細胞が基底膜より下に零れて、転移のリスクが生じます。したがって、最初に表皮内癌と診断して、取り残さないように切除する必要があり、手を付ける最初の医師の責任は極めて大きなものとなります。

図の黒い粒子で表しているのが癌細胞です。この癌細胞が、基底膜を超えて真皮や皮下脂肪層など、下へと波及すると、転移のリスクが生じて、生命予後に関わることになります。この図から、癌細胞が下に行くほど、10年生存率(10 year survival rate)が下がることがわかります。


典型的な#表皮内癌

これは#ボーエン病と言って、#有棘細胞癌の表皮内癌です。初診での、正しい診断と取り残しのない適切な切除で、生命予後はほぼゼロ%に完治します。


周囲を取り残さないように広めに切除しないと、再切除が必要になったり、癌細胞が基底膜の下に零れて、転移の可能性が生じます。


この他にも、#悪性黒色腫(いわゆるメラノーマ)の表皮内癌(Malignant melanoma in situ.)がありますが、診断の難度が高く取り残すと大変なので、経験の豊富な皮膚科医や形成外科医に受診することを勧めます。



耳に出現した、悪性黒色腫(いわゆるメラノーマ)の表皮内癌(Malignant melanoma in situ.)


また、陰部や腋窩部に好発する、#パジェット病は初期には表皮内癌ですが、放置しておくと、癌細胞が基底膜を超えて、パジェット癌になりやすいので、早期発見と完全切除が必須です。


下図は男性の陰部に出現したパジェット病です。


完全に摘出して、皮膚移植を行います。


結論:皮膚の表皮内癌は、早期発見、正確な診断、取り残さない完全な切除、が生命予後を100%保証される必須条件です。それには、十分に経験を積んだ、皮膚科医、形成外科医の診察を仰いでください。


スクエアクリニック公式HP


警鐘!美容医療の落とし穴: 〜美容外科・美容医療に 纏わるトラブルや後遺症集


美容医療で死なないために: 美容外科・美容医療に纏わるネガティブな問題と近未来への提言


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

体形を美しく変えるための、脂肪注入と脂肪溶解剤の注射に関するリスクについて

1. 脂肪注入とリスク 施行部位には主に顔面と乳房があります。前者は下眼瞼や頬部が多く、後者では豊胸目的が主です。脂肪採取は、腹部や大腿部が殆どのようです。しかし、採取された脂肪は生体内で全て生着して新しく自分のものとはなりません。従って、顔面では量が少ないので、脂肪細胞が死んでも、注入された脂肪はワセリンやパラフィンのような炭化水素系異物になって皮下に残り、時にシコリになりますが、これが豊胸術で

Σχόλια


bottom of page