top of page
  • 執筆者の写真HIKO HYAKUSOKU

週刊新潮の記事に美容医療後遺症の専門家としてのコメントを掲載

大阪の美容クリニックでの、顔面の#脂肪吸引後の窒息死について、週刊新潮の記事に#美容医療後遺症の専門家としてのコメントを掲載されましたので、紹介します。




コメントの内容(筆者校正後);

今回の事故について美容医療後遺症をの専門家である「日本医科大学名誉教授・スクエアクリニック院長」の百束比古医師によれば、「脂肪吸引手術による内出血で喉頭周囲が腫れ、気道が圧迫された結果、窒息死に至った可能性が考えられます。私だったら顔の脂肪吸引なんて安易には執刀できません。首と顎のまわりは、軟部組織が厚く、重要な血管や神経などが集中しているからです」

他の問題点としては、「手術を受けた日に入院させるか、設備がなければ近隣の施設に宿泊させるなど、容体変化に緊急に対応できる十分な措置を講じておくべきでした。外科医としてのリスク管理がかなり杜撰だったと思います」(同)


まとめ

文中で、細川前大阪大学形成外科教授も述べておられるように、脂肪吸引の死亡事故は、美容医療の中でも断トツに多く、少なくとも形成外科専門医が入院設備のある施設で行うべき手術です。とくに、顔面顎部と腹部は事故が多いように思います。




閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page