top of page
  • 執筆者の写真HIKO HYAKUSOKU

顔面のアンチエージングのリスク

下顎部の血管解剖である。


顔面、下顎部の脂肪吸引、糸リフトの解剖学的リスクについて 以下に示す画像は、日本医科大学形成外科小野真平准教授(私の弟子の一人)によって、作成された、実際の人体のMD-CTであり、下顎部の動脈網を分かりやすく現したものである。


これに、顔面神経下顎枝や頤(おとがい)神経がからむのであり、無暗に脂肪吸引したり、リフトの糸をかけるのはすると、極めて危険な部位であることは、形成外科を十分に研修した医師なら知っているはずである。



ここに示した赤い血管はすべて動脈である。

これらの1本でも損傷すれば、動脈血の出血が生じ、頸部全体の血腫による腫脹が生じ得る。 (先日の大阪の美容クリニックにおける、施術翌日の気道閉塞による窒息死は、恐らくこれが原因と思われる。)


スクエアクリニック公式HP https://squareclinic-hyakusok.com


警鐘!美容医療の落とし穴: 〜美容外科・美容医療に 纏わるトラブルや後遺症集 https://x.gd/gTI1w


美容医療で死なないために: 美容外科・美容医療に纏わるネガティブな問題と近未来への提言 https://x.gd/hy6KT


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page